トピックス

利根川水系連合・総合水防演習について

  • 平成27年5月16日 「第64回利根川水系連合・総合水防演習」見学してきました。

     平成27年5月16日(土)、群馬県伊勢崎市の利根川河川敷において行われました総合水防演習に、関東地方整備局利根川上流河川事務所発注業務に携わる6名の社員が見学に行ってきました。

    午前8時30分からオープニング、開会式の後、9時30分から演習第一部「水防訓練」が開始されました。

    この演習には、国土交通省、群馬県、警察・消防、自衛隊など約1000人が演習に参加されたそうです。






     演習では、堤防決壊など非常時に備え、消防団等による各種水防工法の訓練が披露されました。(写真は水防マット工の実施状況)













     演習の合間には、地震体験機や降雨体験機、ロープ結び体験など様々な体験コーナーが設けられているほか、災害復旧の現場において、二次災害などが想定される場合に投入される「遠隔操作式バックホウ」などの体験コーナーもあり、普段体験する事が出来ない事も有り、各施設は沢山の方が利用されていました。

     また、国土交通省を始め、各自治体や防災メーカー等のブースも出展され、ブースによっては、防災グッズも配布されており、我々も沢山のグッズを頂戴してきました。






     演習第二部では、警察、消防、自衛隊による救出・救護訓練が行われ、ヘリコプター等による見事な救出訓練の状況を見る事が出来ました。













    最後に、水防訓練の重要性を再認識した我々は、全員で土嚢作りを体験し会場を後にしました。